一発試験ロードマップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

自主経路(特別課題)が廃止! その理由と新しい路上試験の内容

スポンサーリンク

運転免許技能試験について一部改正があり、平成24年(2012年)4月1日から普通免許試験の自主経路(正式名称は特別課題)が廃止されることになりました

一発試験だけでなく自動車教習所(公認校)の卒業検定試験でも廃止されますので、以下の内容は普通免許技能試験を受けるすべての人に関係があります(自動車教習所では教習課程や、卒業検定の1つの課題として残る所もあります)。

自主経路の廃止の理由

  • カーナビの普及により自分で経路を設定することが少なくなっている
  • (一発試験を受ける場合)運転免許試験場周辺の地理に詳しい人と、そうではない人との間に差が発生している
  • 設定したコースを間違えないで走ることに意識が集中してしまい、運転のほうがおろそかになる

などの理由により廃止されるとのことです。

新しい路上試験の内容

路上試験の課題は、教官に指示されながら走る「指示経路」が延長される形となります。

今までは「2000m以上」という規定でしたが、改正後は4500m以上を走ることになります。さらに走行中の右折、左折の回数がそれぞれ1回ずつ増やされます

それから「路端への停車と発進」というものが追加されます。今までは指示経路から自主経路に切り替わる時に「路端への停車」をしていましたが、その代わりとしての課題です。

「地図を覚えるのが苦手でどうしても合格できなかった」という人もいますから、4月以降は運転免許試験の合格率(この場合は一発試験の方が)も、わずかにですが上昇するかもしれません。

自主経路廃止後に路上試験へ新規追加される検定課題の一覧は、一発試験の内容・検定課題にあります。

一発試験についての基本的なこと、メリットデメリットなどは、一発試験とは?にまとめてあります。

DVD付 現役教官が教える
普通免許合格テクニック

王子自動車学校
成美堂出版