一発試験ロードマップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

一発試験のための届出教習所

スポンサーリンク

届出教習所とは?

自動車教習所には大きく分けると2つの種類があります。

1つは公安委員会指定の指定自動車教習所(公認自動車教習所)で、多くの人が初めて免許を取得する時に通う、いわゆる「自動車学校」のことです。

もう1つは非公認教習所と呼ばれるものです。非指定校指定外教習所未公認教習所とも呼ばれていて、多様な業者が存在しています。

それら非公認教習所の中で、教習所を営業しているということを公安委員会に届け出て、認められた所が「届出教習所」なのです。

届出教習所には公安委員会の指導が入るわけですので、他の非公認教習所よりも信頼性が高く、それゆえか運転免許試験場では届出教習所で教習を受けている人への優遇措置もあります。

一発試験のために教習を受けたいと思っている人は、その非公認教習所が「届出教習所」であるかどうかを、選ぶ際の1つの基準にしたら良いと思います。

届出教習所の教習内容

届出教習所では、一発試験で運転免許を再取得したい人や初免許を取得したい人、ペーパードライバーの運転練習の付き添い、さらには一発試験の本免許試験前に義務となっている路上練習の指導者役など、運転に関する多くの教習をしています。

施設の規模は自分の練習コースを所有している所や、貸しコースを借りて練習する所もあります。試験場のことについて詳しく、試験の内容やその対策、さらには試験のコース図(走行順路)を教えてくれるところもあります。

コース図についてはこちらに書いてある通り、基本的に覚える必要は無いと思いますが、どうしても知りたい、入手して覚えておきたいという人は、その届出教習所でコース図を教えてくれるのかを確認した上でレッスンを受けることにしたら良いと思います。

指定自動車教習所には無い、届出教習所だけのメリット

届出教習所で教習を受けていると、その教習所の住所地で一発試験の受験が可能になります。その試験を技能検査と呼びます。

例えば神奈川県に住んでいる人が、東京都で営業している届出教習所で教習を受けていると、東京の運転免許試験場で技能試験を受けることが可能になります。

ただし、そこで本免技能試験に合格しても技能検査合格証明書というものが交付されるだけなので、免許証の交付手続きは自分の住所地の試験場に証明書を持参する必要があります。

届出教習所のなかでも、特定教習も実施している所を「特定届出教習所」呼びますが、それ以外に違いはほぼありません。

「届出教習所」で教習を受けて、特定教習だけ「特定届出教習所」で受講することも可能ですが、受け入れていない所も若干ありますので、事前に尋ねておくと良いと思います。

指定自動車教習所と届出教習所のどちらがよいか?

それぞれメリット、デメリットがあります。比較しやすいように表にまとめました。

指定自動車教習所と届出教習所の比較
比較項目 指定自動車教習所
(公認教習所、自動車学校)
届出教習所
特定届出教習所
学科教習 決められた教習課程を最低26時限受ける 基本的に無し。希望者には実施している所も。自学自習
技能教習 決められた教習課程をAT車限定は最低31時限、MT車は34時限受ける。
1日に受けられる教習時間は基本的に上限が定められている。
1日だけの教習を受けられる。都合が合えば1日何時間でも可能。内容も自由。
教習期限 教習開始日から9ヶ月以内に卒業する必要がある。教習期限を経過してしまったら、経過した項目について追加の補習を受けなければならない。 特に無し。ただし、セット料金(初免許の人向けのセット料金等)で教習を受けた場合は、6ヶ月や1年などの期限がある場合もある。
仮免学科試験 教習所内で受験。 運転免許試験場(運転免許センター)で受験。
仮免技能試験 教習所内で受験。 運転免許試験場(運転免許センター)で受験。
本免学科試験 運転免許試験場(運転免許センター)で受験。 運転免許試験場(運転免許センター)で受験。
本免技能試験 教習所近辺の道路で実施。 運転免許試験場(運転免許センター)近辺の道路で実施。
教習の費用 入所金、教習料、検定試験料などをセット料金としてまとめて支払うところが多く、約20万~35万円。
教習日時の優先予約、検定試験を再受験する場合の試験料、補習授業には別途費用がかかる所もある。
従量制の所が多い。1時限(45分か50分)あたり4000円前後。長時間の教習、初免許の人ためにはセット料金もあり、教習時間30時限~40時限で約15万~25万円。入所金が必要なところもある。
免許交付に必要な講習 教習課程の中に含まれているので他所に受講しに行く必要はない 本免技能試験受験前までに特定教習を受講するか、本免技能試験合格後に取得時講習を受講する必要がある。

どちらの教習所を選ぶにしても料金は高額になるので、たくさんの教習所のサイトを見て回り、比べてみることが大切だと思います。