一発試験ロードマップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

法令を履行した運転操作を必ず覚える

スポンサーリンク

仮免・本免技能試験では「法令を履行した正確な運転」を行えば合格させてもらえます。では具体的にどんな運転かというと、自動車教習所で習った運転方法です。

長い間一般道路を運転していると、教習所で教えられた運転方法を逆に危なく感じたり面倒なったりで自己流の運転方法になってしまうものですが、運転免許試験場では教習所で習った方法が模範的な運転とされています。

初めての運転免許を取得した時、多くの人が自動車教習所に通っていたと思いますが、その時に教えられた「運転作法」を思い出して練習したら良いわけです。

教習所で習ったことを忘れてしまったという人は「現役教官が教える普通免許合格テクニック」という本を参考にしてみて下さい。技能試験においては、この本が一番参考になります。

DVD付 現役教官が教える
普通免許合格テクニック

王子自動車学校
成美堂出版

本に付属しているDVDでは、技能試験の各課題においての模範的運転方法を動画で見ることができます。目線の動き、手元操作の手順、外から見た車の動きなど3つの視点で複数収録されてるので、実際の試験ですべき「目線」、「手順」などがわかります。

免許取消や失効になるまで車をよく運転していたという人は、費用のかかる届出教習所などの教習を受けずとも、この書籍を見て路上練習とイメージ訓練を繰り返せば充分合格できると思います。

数回受験して合格が難しそうだなと感じたら、そこで初めて届出教習所などでの個人教習を考えたら良いのではないでしょうか。

逆に、免許取消や失効になる前からまったく車に乗っていなかった人、ペーパードライバーだった人は、この本のみでは厳しいと思いますので(運転感覚の面で)、届出教習所などで運転教習を数日、受けることをおすすめします。