一発試験ロードマップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

本免技能試験のポイント

スポンサーリンク

仮免技能試験のポイントとともにチェックしておきたい路上試験のポイントです。

道順は何度も確認できる

自主経路が廃止されたため、路上試験は開始から終了までのすべての道順を試験官(検定員)に指示されながら走ることになりました。道順を覚える必要はなくなりましたが、試験官の指示を正確に聞いておく必要があります。
 
過度の緊張で指示を聞きもらしたり忘れたりしても、遠慮無く聞き直して下さい。それによる減点はありません。ただし、間違えて他の道に入った場合でも運転への採点は続きますので注意して下さい。

自主経路は一発試験においては既に廃止されていますが、一部の指定自動車教習所(公認校)では教習課程や卒業検定の一部として残されているところもあります。

メリハリのある運転をする

路上試験でも加速不良は減点されるので、状況を見て可能であれば最高速度を出すようにします。例えば最高速度が時速50kmの道路であれば、-5km以内の速度を維持するようにします。

最高速度を上回った状態がしばらく続いた場合に減点となるので、一瞬のスピード超過では減点にはなりません。ですから、出せる所は出していきましょう。

低速で走り続けていると試験官が「出せるとこは出しましょう」と言ってきたり、見通しの悪い交差点でも左右確認に手間取ると「行ける時は行きましょう」とせっついてきます。
このように言われると、どうしても焦ってしまい急加速とかをやってしまいますので、自ずからメリハリ運転をしておきましょう。

障害物は間隔に注意

障害物と平行になるようにして通過しますが、その間隔は障害物が何であるかによって変わります。

歩行者や自転車が試験車両を認識している場合(対面していて近づいているのがわかるような時)は、おおむね1m以上の間隔をとります。認識していない場合(後ろから追い越すような時)は、おおむね1.5m以上の間隔を取ります。

人が乗車している自動車ならおおむね1m以上、不動の障害物(人があきらかに乗っていない車、電柱など)は、おおむね50cm以上の間隔を取ります。

ただ、駐車中の車両に人が乗っていないかどうかは明確にはわかりませんので、50cmではなく常におおむね1mを目安にしておくと、側方安全間隔の不保持による減点を取られる可能性は低くなると思います。

黄色信号で止まってしまったら

横断歩道や自転車横断帯など停止禁止部分に停止したら減点ですが、黄色信号の時に横断歩道等に停止した場合は、横断歩道の外など通行妨害とならない場所に移動したら減点は適用されません。後方の安全を確認し、可能であればバックして指定位置に戻ります。

※信号が黄色になりそうな時の通過方法については仮免技能試験のポイントを見て下さい。

雪、雨天時にだけ注意すべきこと

泥水をはねたりして人に迷惑をかけることでも減点になります。徐行して水がはねるのを防いだり、それが無理そうであれば一時停止をします。

当然のことながらワイパーを適切に使い、視界を適切に確保する必要があります。試験官に促されてワイパーをつけるようなことが無いよう気をつけます。

交通整理のされていない横断歩道付近に車両があるときの対応

横断歩道のすぐ手前で停止している車両がある場合、その側方を通過して前方へ出る時は一時停止しますが、反対車線にも同じ状態の車両がないか注意しておきます。

交通整理のされていない横断歩道周辺に歩行者がいる時の対応

横断歩道のすぐ前で止まっている歩行者がいた場合は、「渡るかもしれない」と考え、車を一時停止させます。それでも歩行者が渡りださないので、一時停止したからもういいだろうと発進すると補助ブレーキがくる可能性大です。

歩行者は渡るために車の様子をみていたかもしれないので、そういう時は一時停止したあとも渡ろうとしない人へお先にどうぞ、とジェスチャーをして渡ってもらいます。それでも渡らないなら発進しても大丈夫です。

道端のお店にも注意する

道端のレストランやコンビニなどの駐車場から車が出てきた時、無理をせず停止が出来る時は停止して道を譲りましょう。基本的に優先車両はこちら(自分)の方ですが、その時の状況によっては最悪の場合、こちらが進路妨害をしたと判断されてしまいます。

進路妨害は一発で試験中止となります。

路端への停車と、発進に移行時の注意

走行途中に試験官が「停車可能な場所で停車して下さい」というような指示をしてきます。この指示が出てから、停車が可能な場所まで”かなり距離がある”ということはまずありませんので、近くに停車場所があるということを意識し、見つけ次第、路端へ停車します。ドアを開閉するための幅を考慮する必要はなく、路端からおおむね30cm以内に停車させます。

これをスムーズに行うためには、学科で学ぶ停車禁止場所(横断歩道の端から5m以内など)をよく把握しておく必要があります。「停車できる場所」ではなく、「停車できない場所」を覚え、それを瞬時に判断できるようにしておきます。

路端への停車中は、サイドブレーキ(ハンドブレーキ)を使用し、ギア(シフトレバー)をオートマ車はPレンジ、マニュアル車はニュートラルにしておきます。ブレーキペダルは踏んだままにします。

すぐに発進するからとブレーキペダルだけを使用していたり、あるいはブレーキペダルとサイドブレーキだけの使用であっても減点の対象となります。また、この時にエンジンを切る必要はありません。

路端からの発進も試験官の指示のもと行います。発進する時は、運転を交代して最初に「発進」したときと同じ手順で「発進」します。つまりミラーでの後方確認と、目視での死角の確認が必要となります。

停車するときは必ず反対側も見る

停車禁止の場所として、バス停などの停留所表示板から10m以内は駐停車禁止ですが(運行時間中だけ)、見落としがちなのが反対車線です。反対車線のバス停表示板からも10m以内は駐停車禁止となっているので、片側一車線のような狭い道ではそちらも確認して止まるようにします。

バス停には色々な形状があって、市区町村が運営しているコミュニティバスの中には一見しただけではバス停と判別できないものもあります。コースの下見もしておきましょう。

縦列駐車、方向変換(方向転換)では「出るときも」安全確認

縦列駐車については、車をコースに「平行」に止めた後、「バック」で左後方の駐車スペースに入れていきます。スペース(目印となるポールの内側)に完全に入ることができたら、試験官に入ったとの旨を伝え、指示通りに出ていきます。

スペースから出る時にはウインカー、ミラーと目視での安全確認を必ず行って下さい。当然のことながら縦列駐車完了時にエンジンを切る必要はありません。

以前は「前進」して入れていくやり方も許されていましたが、法改正があり平成24年4月1日からは「バックで入れる」ことが唯一の方法として指定されています。もちろん切り返しをすることは認められています。

方向変換では、変換のスペースに入った時(これから方向変換をするぞ、という時)に、縦列駐車のように試験官へ「入った」ことを伝える必要は無く(駐車する試験ではないので当たり前ですが)そのまま手順を続けていきます。

バックしてスペースに入り、もと来た方向へ曲って出ようとする時に「左右の確認」を忘れないようにします。左右の安全をチラッと確認してウインカー(方向指示器)を付け、その後もう一度左右の安全確認をしっかりして曲がるようにします。

切り返し数が合計される範囲と試験中止となる回数

縦列駐車では、「駐車スペース入れ始めた時から完全に出る時まで」にした切り返し数が合計されます。方向変換では、「T字のコース入口に進入し、再び出るまで」が合計されます。

例えば方向変換の場合、最初にバックをして、切り返しのスペースに入りますが、その時に切り返しを2回したとします。その後、スペースに入って元の方向へ曲がって出るときにも切り返しを2回した場合、合計で4回となり、通過不能として試験中止となります。

つまり、試験開始から終了場所までの間にできる切り返しは3回までです。1回目は減点にはならず、2回目から1回目の分と合わせ計10点の減点、3回目では計15点という仕組みになっています。「1回は大丈夫なんだ」ということを忘れずにトライして下さい。