一発試験ロードマップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

中型免許の一発試験取得者と教習所取得者の割合

スポンサーリンク

実際に中型免許を取得することができた人が一発試験と自動車教習所のどちらの手段を選択したのか、その割合など調べてみました。下記の表がその結果です。

免許開設当初は同じぐらいの割合でしたが、現在では圧倒的に教習所の方が高くなっています。

関連ページ:
普通免許と中型免許の間に準中型免許が設置される
中型免許の一発試験合格率

※参考資料:運転免許統計
※自動車教習所の取得者数は合格者数をもとにしています。
※一発試験の取得者数は学科・技能試験に合格した人と、学科は免除で技能試験のみを受験し合格した人の合計です。つまり、運転免許試験場で技能試験を通過してきた人のデータです。一部の免許失効者で両試験が免除となり適性試験のみで取得した人、あるいは技能試験が免除されて取得した人は除外してあります

中型免許の一発試験取得者と教習所取得者の割合
一発試験 自動車教習所
取得者数 比率 取得者数 比率
平成18年(2006年) 中型免許未設置
平成19年(2007年) 164 42% 226 58%
平成20年(2008年) 243 20% 962 80%
平成21年(2009年) 324 15% 1782 85%
平成22年(2010年) 547 7% 7433 93%
平成23年(2011年) 632 5% 12658 95%
平成24年(2012年) 838 4% 18543 96%
平成25年(2013年) 835 3% 24269 97%
平成26年(2014年) 861 3% 29643 97%
平成27年(2015年) 935 3% 33751 97%