一発試験ロードマップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

大型二種免許の一発試験合格率

スポンサーリンク

下記の表は大型二種免許(第二種大型自動車免許)試験のデータを運転免許の統計から引用してきたものです。大型二種の合格率として一般的にはこの表の数字がよく引用されており、データ上でも合格率と書かれています。

※参考資料:運転免許統計
※平均受験回数は合格率をもとに書き加えたものです
大型二種免許試験の合格率
受験者数 合格者数 合格率 平均受験回数
平成17年(2005年) 62032 18769 30.2% 3.3回
平成18年(2006年) 59258 18034 30.4% 3.2回
平成19年(2007年)
法改正前後の値を合計
55274 18187 32.9% 3.0回
平成20年(2008年) 42457 15029 35.3% 2.8回
平成21年(2009年) 48357 18068 37.3% 2.6回
平成22年(2010年) 37086 14898 40.1% 2.4回
平成23年(2011年) 31998 13286 41.5% 2.4回
平成24年(2012年) 30862 13806 44.7% 2.2回
平成25年(2013年) 28212 13543 48.0% 2.0回
平成26年(2014年) 24183 12256 50.6% 1.9回
平成27年(2015年) 24778 12838 51.8% 1.9回

受験者数と合格者数が減少している中、合格率は上昇傾向が続いていて取得しやすい免許となってきているようです。

ただし、表のデータには自動車教習所(公認自動車教習所)の卒業者と一発試験受験者、免許失効からの再取得者など様々な立場の受験者がすべて合算されている状態になっています。それらを分離して、自動車教習所卒業者と一発試験受験者の個別のデータを出すと以下のようになります。

指定自動車教習所で大型二種の教習を卒業した人のデータ

下の表は自動車教習所(合宿免許を含む)で大型二種免許教習を卒業した人のデータです。運転免許試験場では技能試験が免除になるため、合格者数には「試験場で学科試験を受験した人」と、「すでに他の二種免許を所持していて学科試験も免除(適性試験のみ受験)」の両者が含まれています。

自動車教習所関連のデータが非公開で、卒業者の試験場での合格率や中途退学者数、自動車教習所内での検定試験の合格率などは不明です。

※卒業と合格の年差等による影響で合格者数の方が多い場合があります
大型二種免許の教習卒業者数と合格者数
自動車教習所を
卒業した人
自動車教習所を卒業し、運転免許試験場で合格した人
平成15年
(2003年)
6845 6041
平成16年
(2004年)
12960 12555
平成17年
(2005年)
11822 12154
平成18年
(2006年)
13005 12650
平成19年
(2007年)
13006 13122
平成20年
(2008年)
11401 11239
平成21年
(2009年)
14452 14446
平成22年
(2010年)
12002 12060
平成23年
(2011年)
11194 11110
平成24年
(2012年)
11802 11759
平成25年
(2013年)
11747 11725
平成26年
(2014年)
10736 10692
平成27年
(2015年)
11377 11256

運転免許試験場で技能試験が免除になる大型二種免許教習が、平成14年の法改正で認められました。それにより翌年から教習所を卒業して受験する人がでてきています。

※関連ページ:
普通免許と中型免許の間に準中型免許が設置される
大型二種免許の一発試験取得者と教習所取得者の割合
中型二種免許の一発試験取得者と教習所取得者の割合
中型免許の一発試験合格率
大型免許の一発試験取得者と教習所取得者の割合
大型免許の一発試験合格率
大型特殊免許の一発試験合格率

大型二種免許の一発試験の合格率

次の表は、大型二種の一発試験を受験した人の中で、学科試験と技能試験の両方を受験した人、または学科は免除で技能試験だけを受験した人のデータです。つまり、技能試験を運転免許試験場で受けた人達のデータです。先ほどの統計から引用されたものよりも一発試験の難易度に、より近いものだと思います。

平成14年から平成15年にかけて受験者数が大きく減少している原因の1つが、平成14年の道路交通法改正です。先程も述べた通り、大型二種免許が普通免許のように自動車教習所で取得できるようになり、確実に取得したいという人がそちらへ流れたようです。

また平成19年6月の法改正で、大型二種一発試験にも路上試験が追加され、場内コース(試験場内)だけであった技能試験が大きく変わりました。試験車両は8~9mほどの中型のバスから11~12mの大型バスに変更されています。

おそらくこれらの影響で、平成19年の合格者数と合格率の数値が一時的に低くなっていると思われます。

※ここでの合格率と平均受験回数は、学科試験と技能試験の合計です。技能試験だけなど個別のデータは出すことができません
※路上試験を受けるには第一種大型免許、あるいは大型仮免許を取得していることが必要ですが、それらの回数は含まれていません
※表のデータは試験の難易度に、より近いものを出すためにした概算です。一部のデータが不足しており若干の誤差があります。実際には、もう少し高い合格率になると推定されます。
大型二種免許一発試験の合格率
受験者数 合格者数 合格率 平均受験回数
平成14年
(2002年)
127124 16862 13.2% 7.5回
平成15年
(2003年)
79927 11542 14.4% 6.9回
平成16年
(2004年)
65664 8432 12.8% 7.8回
平成17年
(2005年)
49277 5682 11.5% 8.6回
平成18年
(2006年)
45356 4485 9.8% 10.2回
平成19年
(2007年)
41908 1743 4.1% 24.3回
平成20年
(2008年)
30083 2817 9.3% 10.7回
平成21年
(2009年)
33033 2750 8.3% 12.0回
平成22年
(2010年)
24203 1957 8.0% 12.5回
平成23年
(2011年)
20012 1384 6.9% 14.4回
平成24年
(2012年)
18339 1326 7.2% 13.9回
平成25年
(2013年)
15742 1094 6.9% 14.5回
平成26年
(2014年)
12779 896 7.0% 14.3回
平成27年
(2015年)
12742 923 7.2% 13.9回