一発試験ロードマップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

府中試験場での一発試験 ~ 本免学科試験

スポンサーリンク

試験場に着いたら、まずは窓口で運転免許申請書をもらいます。備え付けの物もあると思います。この用紙は仮免のとは違う申請書ですので、間違ったものをもらわないよう注意して下さい。届出教習所で教習を受けている場合は、そちらで事前にもらえるかもしれません。

試験場の開場直後は込んでいるので窓口に並ぶことになると思いますが、入り口付近に居る案内係の人に要件を伝えると、一足先に申請書がもらえることもあります。

申請書に名前、本籍住所、現住所、年齢、病気等について書き、写真を貼って視力検査へ行きます。検査内容は仮免の時と同じです。

視力検査が終わったら3階へ行き、支払い窓口で受験料を支払います。窓口の上部に受験料の一覧が書かれていて、技能試験も受けるものは一般受験と分類されており、それが一発試験の受験料です。

試験室は仮免学科試験と同じ部屋で、二種、原付、仮免、本免の試験用の部屋と入口に書いてあります。

本免学科受験者は10名ほどで多くはありません。無事合格すると、技能試験予約カードと路上練習申告書、以前もらった予約システムの使い方と受験の手引等が渡されて終わりになります。

予約は6日先から取れる状態で、仮免技能試験の時よりも全体的に空いている日が多く、スムーズに受験ができるかと思います。

試験車両代は予約日を変更しても有効ですので、念のために支払ってから帰るのがおすすめです。ただし、返金はできないようなので注意して下さい。