一発試験ロードマップ

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

普通免許のMT・AT免許の取得割合

スポンサーリンク

普通免許のMT免許とAT免許の取得割合について調べてみました。
AT免許が平成21年に50%に達し、以降も増加傾向が続いてます。

※表の取得者数は普通免許試験の合格者数をもとにしています
※免許取消や失効となり、自動車教習所で再取得した人も新規取得者として含まれています
※参考資料:運転免許統計
自動車教習所での普通免許(MT免許)とAT免許の取得者数と比率(全都道府県合計)
MT免許 AT免許
取得者数 比率 取得者数 比率
平成17年(2005年) 756724 56% 595561 44%
平成18年(2006年) 722975 55% 587582 45%
平成19年(2007年) 685440 54% 585444 46%
平成20年(2008年) 605713 51% 576883 49%
平成21年(2009年) 580909 50% 573216 50%
平成22年(2010年) 561568 49% 595631 51%
平成23年(2011年) 526004 46% 622443 54%
平成24年(2012年) 533095 46% 626756 54%
平成25年(2013年) 523136 45% 646064 55%
平成26年(2014年) 505576 44% 649055 56%
平成27年(2015年) 493249 43% 665996 57%

関連ページ:
小型二輪のMT・AT免許の取得割合
普通二輪のMT・AT免許の取得割合
普通二種免許のMT・AT免許の取得割合
普通免許の一発試験取得者と教習所取得者の割合
普通免許と中型免許の間に準中型免許が設置される

都道府県別の普通MT免許、AT免許の取得比率

次は都道府県別の自動車教習所におけるMT免許とAT免許の取得者数と割合です。大都市近郊ではAT免許が主流で、地方ではMT免許取得者が多いという傾向があるようです。

※表の上部の三角(▲)をクリックすると降順昇順で並べ替えをすることができます。いろいろと比較してみて下さい。
※表の取得者数は教習所の卒業者数(検定試験合格者数)を新規取得者として扱っています。
※免許取消や失効となり、自動車教習所へ通い卒業した人も新規取得者として含まれています
※小数点以下は四捨五入
自動車教習所での普通免許(MT免許)とAT免許の取得者数と比率 (都道府県別 2015年)
都道
府県
MT免許
取得者数
MTの比率
(同一県内)
[%]
AT免許
取得者数
ATの比率
(同一県内)
[%]
取得者
数合計
北海道 21476 48 23263 52 44739
青森 8319 63 4881 37 13200
秋田 4804 55 3854 45 8658
岩手 6944 56 5495 44 12439
山形 17409 44 22142 56 39551
宮城 8947 46 10657 54 19604
福島 11664 48 12387 52 24051
新潟 15655 45 19468 55 35123
茨城 9706 43 13099 57 22805
栃木 11014 43 14437 57 25451
群馬 9454 47 10666 53 20120
埼玉 20959 35 38646 65 59605
千葉 16031 36 28536 64 44567
東京 29424 34 56857 66 86281
神奈川 19436 34 37759 66 57195
山梨 4766 45 5889 55 10655
長野 9665 41 13655 59 23320
静岡 20173 42 28198 58 48371
愛知 24438 41 35007 59 59445
富山 4656 51 4549 49 9205
石川 5017 46 5996 54 11013
岐阜 7382 43 9623 57 17005
福井 5555 53 4908 47 10463
三重 7044 45 8757 55 15801
滋賀 4828 38 7762 62 12590
奈良 3024 33 6070 67 9094
大阪 22818 36 40509 64 63327
和歌山 5105 45 6220 55 11325
京都 10908 40 16533 60 27441
兵庫 18015 37 30411 63 48426
岡山 9579 47 10817 53 20396
鳥取 8037 53 7197 47 15234
広島 10988 43 14451 57 25439
島根 5577 46 6469 54 12046
山口 6066 49 6230 51 12296
香川 5901 47 6525 53 12426
徳島 4474 46 5153 54 9627
高知 3565 44 4485 56 8050
愛媛 5939 50 6052 50 11991
大分 4936 47 5527 53 10463
福岡 15621 39 24351 61 39972
佐賀 4443 45 5464 55 9907
宮崎 6776 44 8483 56 15259
熊本 8539 45 10267 55 18806
鹿児島 6608 47 7508 53 14116
長崎 6213 46 7427 54 13640
沖縄 6535 38 10544 62 17079

一発試験で普通免許を取得した人のMT・AT免許の割合

学科試験と技能試験を運転免許試験場で直接受験する方法を「一発試験」と呼びます(通称です)。

学科試験については自動車教習所とほぼ変わりがないのですが、技能試験は試験官が警察官ということもあり厳格に採点され、試験を通過するのは簡単ではありません。

そのような試験をくぐり抜けて普通免許を取得した人達のMT、AT免許の取得割合が以下の表です。自動車教習所よりも早い段階でMTとAT免許の比率が逆転しています。

関連ページ:
普通免許の合格率(一発試験、自動車教習所)

※表の取得者数は学科と技能試験の両方、または学科は免除で技能試験だけを受けて合格した人の数です。つまり、試験場で技能試験を経た人のデータです。両試験が免除、あるいは技能試験が免除の人は除いてあります。
一発試験での普通免許(MT免許)とAT免許の取得者数と比率
MT免許 AT免許
取得者数 比率 取得者数 比率
平成14年(2002年) 28798 63% 16640 37%
平成15年(2003年) 26052 64% 14728 36%
平成16年(2004年) 24589 60% 16685 40%
平成17年(2005年) 22430 56% 17595 44%
平成18年(2006年) 21619 53% 19346 47%
平成19年(2007年) 20864 52% 18918 48%
平成20年(2008年) 17237 48% 18882 52%
平成21年(2009年) 15442 46% 17963 54%
平成22年(2010年) 13217 43% 17861 57%
平成23年(2011年) 12525 44% 16145 56%
平成24年(2012年) 11417 41% 16541 59%
平成25年(2013年) 11414 42% 15925 58%
平成26年(2014年) 9937 37% 16621 63%
平成27年(2015年) 8836 35% 16724 65%